株式会社イーストン
9:00 - 18:00
水曜日、GW、お盆、年末年始
2021年04月01日
ブログ

4月1日生まれは、今度何年生?

いよいよ、新年度がスタートしましたね!

鹿児島市でも桜が咲き乱れており、ウキウキする季節になってきました。

新しい学校、新しい職場、新しい環境など、様々な「新しいステージに立つ」皆様、おめでとうございます。

新しいステージが鹿児島市だった皆様の、お部屋探しのお手伝いが出来て幸せでした♪

期待と不安が入り混じった、新年度かと思いますが、私達も出来る限りのお手伝いをさせて頂きますので、何かありましたら頼ってください♪

鹿児島県や鹿児島市などの広域な情報から、荒田や騎射場などの狭域な情報も発信していきます♪

4月1日はエイプリルフールだけじゃない

「エイプリルフール」というもを意識しなくなってから早いもので十数年経ってしまいました。

最近になって、4月1日は「不動産表示登記の日」なんだ~と思っていたのですが、それよりも、もっと気になることが出てきました。

新年度って4月1日~3月31日ですよね?

何故4月1日生まれの方は学年が違うのでしょうか?

学校教育法施行規則第59条によると、「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」と規定されています。

???

だったら、4月1日生まれも4月2日も同学年で良いじゃない?と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

4月1日生まれの人が学年が違うのは優しさでした。

実は年齢を重ねる瞬間の問題が絡んでいたのです。

年齢計算ニ関スル法律と民法第143条によると「人は誕生日の前日が終了する時(午後12時)に年を一つとる(満年齢に達する)」とされており、つまり誕生日前日の24時に年を取るということになります!(そういえば、社会保険料なんかもそんな考え方しますよね)

あの有名な「午前0時を過ぎたら~ イチバンに届けよう~」はまさにその通りだったんですね!

また、閏年の生まれの方は4年に1回しか誕生日が来ない説は、ここで否定されるわけですね!2月28日の24時は閏年関係なく訪れますので、毎年年齢を重ねることになります!

もしかして、そこを見越しての前日の24時なのか!って、考えると、法律も案外優しい奴ですね♪

今日はエイプリルフールですから、久しぶりに優しい嘘を考えてみようと思います。

この記事を書いた人
東石 誠 アズマイシ マコト
東石 誠
親切丁寧をモットーに、素敵なお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。 また、オーナー様の大切な資産を最大限活用できるよう、根拠と数字を用いて分かりやすくご提案をさせていただきます。入居者様とオーナー様がWin-Winになれる、素敵な懸け橋となれるよう全力でサポートさせていただきます。
arrow_upward