株式会社イーストン
9:00 - 18:00
お盆、年末年始
2020年03月22日
ブログ

お引越し時の注意点~鹿児島市ガス編~

不動産を契約していざ入居となりましたら、色々と準備があります。

電気、ガス、水道などのインフラ

電話、ネット、郵便、などの通信

家電、家具、調味料、食器などの生活用品

免許証、保険証、住民票などの届け出

などなど、数えだしたらきりがありませんが、そのなかのガスのお話です。

鹿児島県の都市ガス普及率は約42%(2012年実績)、鹿児島市は約58%(2013年実績)供給区域内供給率となっており、約2世帯に1世帯は都市ガスとなっています。(出典:経済産業省)

つまり、お部屋の契約の1/2は都市ガス、1/2はLP(プロパン)ガスとなります。

※鹿児島市だけかは分かりませんが、私の周りはプロパンガスと呼ぶ人が多いので、プロパンガスに統一して書きますね。

同じガスですが、色々違いますので注意が必要となります。

1、供給システム・・・都市ガスはガス管、プロパンガスはボンベ式となりますので、敷地内にガスボンベがある場合は、ほぼプロパンガスとなります。

2、重さ・・・都市ガスは空気より軽く(重いものもあります)、プロパンガスは重いので、ガスの警報器は都市ガスは上に、プロパンガスは下に付いています。

3、熱量・・・都市ガスは1㎥あたり約11,000kcal、プロパンガスは1㎥あたり約24,000kcalとなり、プロパンガスは都市ガスの約2倍の熱量を持っています。

他にもいくつか違いがありますが、引っ越しで大切なのは、1、2、でどちらのガスなのか見分け、準備をすることです。(基本的に不動産屋さんは、お部屋の案内時や契約時などに説明してくれますので安心してください)

都市ガス用とプロパンガス用のコンロは違います。

熱量のお話をしましたが、同じコンロではコンロの性能に合わせますので火力は一緒です。

しかしながら、熱量が違いますのでガスコンロは、「都市ガス用」と「プロパンガス用」とで分かれてみますので、間違えて準備をしてしまうと使えないのでご注意ください。

日本ガスの営業さんの話だと、7年程度以内のガスコンロであれば、部品を一部変えればそのまま利用できるそうですので、引っ越し先のガス違う場合は、ガスコンロの「型番」を控えて、ガス屋さんに相談してみるのも手ですよ!

鹿児島市の都市ガス供給会社

・日本ガス株式会社

 郡元サービスショップ TEL099-259-1313

 原良サービスショップ TEL099-282-2192

 南部サービスショップ TEL099-260-3055

鹿児島市のプロパンガス供給会社

・株式会社Misumi(鹿児島市) TEL099-260-2223 (128,500t)

・株式会社コーアガス日本(鹿児島市) TEL099-257-8811(25,978t)

・株式会社ジェイエイエコパル(鹿児島市)TEL099-260-5551 (17,500t)

・南国殖産株式会社(鹿児島市) TEL099-275-3312(12,700t)

・太陽ガス(鹿児島市) TEL099-250-0305(9,940t)

他にもたくさんありますので、鹿児島県に本社を置くプロパンガス会社の販売量TOP5(単位:t)を代表として記載しました。

詳しくは、担当の不動産屋さんにお尋ねください。(引用:LPガス資料年報 2019年版)

この記事を書いた人
東石 誠 アズマイシ マコト
東石 誠
親切丁寧をモットーに、素敵なお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。 また、オーナー様の大切な資産を最大限活用できるよう、根拠と数字を用いて分かりやすくご提案をさせていただきます。入居者様とオーナー様がWin-Winになれる、素敵な懸け橋となれるよう全力でサポートさせていただきます。
arrow_upward