株式会社イーストン
9:00 - 18:00
水曜日、GW、お盆、年末年始
2021年09月10日
ブログ

カーボンニュートラルへの取り組み

当社のカーボンニュートラルへの取り組みとして、またSDGsへの取り組みとして、令和3年6月11日に「公益財団法人かごしまみどりの基金」へ寄付を行いました。

この寄付は当社をご利用いただいた皆様のお力添えあってのものとなりますので、当社をご利用いただくことにより、みなさまが鹿児島での森林整備活動や緑化推進活動などのお手伝いをしていただいたといっても過言ではありません。

消費したCO2に対して、鹿児島で森林整備活動や緑化推進活動などを行っている事業を支援することにより、微力ながらカーボンニュートラルを実現できるように努めています。

当社では消費量を減らすことにも注力しており、FAXなどは紙ベースではなくデータベースで取り扱うようにしたり、店頭広告の紙をすべて削減したり、裏紙の利用、メモ用紙をタブレットへ移行したりしています。

カーボンニュートラルとは?

カーボンニュートラルとは二酸化炭素排出実質ゼロにすることを指すみたいです。

実質ゼロというのがポイントとなっており、人々は経済活動などを行うことで少なからず二酸化炭素を排出しています。この排出量に対して森林等による二酸化炭素の除去量を均衡に保ち、実質ゼロにしよう!という取り組みです。

不動産業は木を多く消費します

住宅に木材を利用することは想像に難くないかと思いますが、住宅を建築する以外にも多くの「紙」を消費しています。

店頭広告物、物件資料、封筒、契約書、FAX、オーナーズレポート、収支報告書、マイソクなどなど・・・多くの紙を消費する業界だと思います。

そんな木材や紙を消費する業界でお仕事をしているからこそ、カーボンニュートラルへの取り組みは大切だと思い、鹿児島市荒田にある「株式会社研文堂」さんにご協力をお願いして、当社が1年間でコピー機で何枚紙を印刷したかを調べてもらいました。

その枚数×1円を公益財団法人かごしまみどりの基金へ募金させていただきました。

小さな力もしれませんが、継続しながら発信することで、賛同いただける方が増え、大きな力に変えていけるたら良いなと思っています。

もしよろしければ、一緒に子供たちに何が残せるかを考えてみませんか?

財団名:公益財団法人かごしまみどりの基金

住所:鹿児島県鹿児島市山下町9-15 鹿児島県林業会館4階

TEL:099-225-1426

この記事を書いた人
東石 誠 アズマイシ マコト
東石 誠
親切丁寧をモットーに、素敵なお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。 また、オーナー様の大切な資産を最大限活用できるよう、根拠と数字を用いて分かりやすくご提案をさせていただきます。入居者様とオーナー様がWin-Winになれる、素敵な懸け橋となれるよう全力でサポートさせていただきます。
arrow_upward