株式会社イーストン
9:00 - 18:00
水曜日、GW、お盆、年末年始
2020年06月21日
ブログ

家を購入すると転勤させられる?

先日、当社の取引業者の担当者Mさんが転勤で、鹿児島から大分へ旅立っていかれました。

Mさんは、とても気さくで気が利いていて、親しみやすい感じのいい営業さんでした。

当社は鹿児島市にあるのですが、鹿児島市外に担当が外れても当社のことを気にかけてくださっていました。(まぁ、一度来るとなかなか帰らないのが玉に瑕ですが・・・)

そんな感じのいい営業さんでしたので、とんとん拍子に出世して、大分の責任者として異動されていきました。

とても頑張っていたので、私も嬉しく素直におめでとう!という気持ちでいっぱいでした・・・が、少し気になることがあります。

あの都市伝説は本当?

それは、新婚&家を購入したばかりなのです。

よく、家を購入する➡ローンが35年➡退職できない➡異動の辞令。みたいな話がささやかれますし、僕・私の周りにもそんな人いるよ!っていう声が聞こえてきそうです。

実際、転勤を命じられた方に2017年にリビングマッチさんがアンケートを取ったデータを見てみると、なんと半数が持ち家だったのです!!

さらに購入後3年以内は40%と、「家を買ったら転勤をさせられる」を裏付けそうなデータがとれてしまったようです。

実は、キャリアアップのタイミングなだけ

上記3つの表を紐解いていくと、

①転勤が多い年齢層は30代という企業が多くを占めた(ちなみに管理職の方が一番異動が多いみたいです)

②平均初婚年齢は30歳

③家を購入する層は、30代までで半数を占める

あくまで個人の感想ですけど、都市伝説というよりはキャリアアップのタイミングの可能性が高いだけっぽいですね。

Mさん!鹿児島に帰ってこられる際は、当社に遊びに来てくださいね♪

 

今回、ブログを書きながら思ったのですが、「たまにきず」のキズって瑕って書くんですね。不動産に携わっている方は、思わずハッとするんじゃないかな~(私だけかもしれませんが)と思いながら、少し寂し気持ちになってしまいました。

そのあたりは、また別のブログで。

この記事を書いた人
東石 誠 アズマイシ マコト
東石 誠
親切丁寧をモットーに、素敵なお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。 また、オーナー様の大切な資産を最大限活用できるよう、根拠と数字を用いて分かりやすくご提案をさせていただきます。入居者様とオーナー様がWin-Winになれる、素敵な懸け橋となれるよう全力でサポートさせていただきます。
arrow_upward